キャラクター


主要キャラクター

シセル (Sissel)

主人公。一人称は「私」だが、一回だけ、「ボク」と言った事がある。町はずれのゴミ捨て場で何者かに殺された。死をきっかけに物体に「トリツク」、それを「アヤツル」という「死者のチカラ」を得た。一切の記憶を失っており、自らの「死」の真相を知るために「死者のチカラ」を駆使して奔走することになる。

リンネ (Lynne)

シセルの死体を発見した女刑事。何かとトラブルに巻き込まれやすい体質らしい。シセルを発見した直後に狙撃者によって命を落としてしまうが、シセルの「死者のチカラ」で運命が変化する。見た目は細いがかなりの大食い。カノンとミサイルと同居している。

クネリ (Kuneri)

電気スタンドに宿る魂。ゴミ捨て場でシセルと出会った。シセルに「死者の力」について教える。自分のことについては明かそうとしない。クネクネするのが好き。

カノン (Kanon)

リンネと同居している少女。音楽を聴くこととドーナツが好き。留守番中にやってきた侵入者によって囚われの身となる。

ミサイル (Missile)

リンネとカノンが飼っている2歳のポメラニアン。一生をかけて主人を守ることが「使命」であると考えている。何かあるとすぐに吠えつく癖がある。カノンとの留守番中にやってきた侵入者によって命を落とす。その後シセルに助けられ、部屋を出ていったカノンを守るために「道」を作ろうとがんばっている。巧舟氏の飼い犬がモデル。


警察関係者

カバネラ警部 (Inspector Cabanela)

特別捜査班班長。白いコートを羽織り、何かと格好をつけたがる男。「まっ白な経歴」に執着しており、そのためにはあらゆる手段を投じる。白いコートはその表れ。好物はパスタの様子。

本部長

特別捜査班の本部長。水虫に悩まされ、本部のデスクで足のかゆみと闘っている。奥さんへの無線連絡を欠かさない愛妻家でもある。

マッコー刑事 (Detective McCaw)

緑のスーツを着ている刑事。シセルの殺人事件を捜査している。

青刑事

青いスーツを着ている刑事。シセルの殺人事件を捜査している。

リンジュー刑事 (Detective Rindge)

帽子をかぶっている刑事。公園で見張りについている。

巡査

シセルの殺害現場を見張っている警官。リンネに好意を抱いている模様。

監察医

シセルの遺体を調べている。青い肌が印象的。


刑務所関連の人物

ボーズ係官 (Officer Bozu)

刑務所の看守。背筋を伸ばし、仕事の内容はすべてメモに記す几帳面な性格。深刻な状況下では、家に代々伝わる「テンテコの舞い」を踊る「キリキリの舞い」というのもあるらしい。

コボーズ係官

刑務所の看守。ボーズ係官を「センパイ」と呼び、生意気な口調で窘める。毎日電話をかけてくるリンネのファンでもある。

囚人番号「C38号」

刑務所で服役中の囚人。全国ネットの生放送で国家機密を歌いあげたロックシンガー。

囚人番号「C74号」

刑務所で服役中の囚人。警視総監を人質に取り、カレーライス5人前を要求した男。現在はC38号と手を組み、何かをたくらんでいる様子。

ジョード (Jowd)

リンネが気にかけている囚人で、囚人番号「D99号」。カバネラと並び、最も優秀な刑事だったが、自分の妻を殺した罪で服役中。独房の中でキャンバスに絵を描く毎日を送っている。


外国人

シス司令 (Commander Sith)

シセルとリンネの殺害を命じた黒幕と思われる。今夜「トリヒキ」の計画があるようだ。豪華なサロンでくつろぎながらブドウを食べている。わりと小心者。

参謀

シス司令の補佐を務める、仮面の大男。豪快な手つきでパネルを操作し、部屋に仕掛けられた様々な機械を操る。

ド近眼のジーゴ (Nearsighted Jeego)

第1章でリンネを殺そうとするヒットマン。早撃ちの腕は凄いが通り名通り、視力が悪く、0.3との事。

先回りのテンゴ (One step ahead Tengo)

ジーゴに続いて送り込まれた殺し屋。リンネを待ち伏せるべく彼女の部屋へ侵入し、ミサイルの命を奪った。

ビューティー (Beauty)

絶世の美女だが性格は冷たい。「ポイントX」と呼ばれる場所で「トリヒキ」の相手と待ち合わせをしている。

ダンディー (Dandy)

ビューティーと共に行動している小男。紳士的な態度でビューティーを口説いているが、まったく相手にされていない。


その他

オッチンドル

苦悩が絶えず、いつも頭をかきむしっている男。妻子の家出に心を痛めている様子。

エンマ (Emma)

オッチンドルの妻。少々大人向けの恋愛小説を執筆しているが、夫に反対されているようだ。夫婦喧嘩の最中であり、娘を連れて別居中。

エイミン (Eimin)

オッチンドルとエンマの娘。風邪をひき、39度の熱を出して寝ている。パパと話したがっているが、ママが許してくれない。

管理人

ゴミ捨て場を管理している老人。頭に青いハトの「ドバト」を乗せている。

コック

チキン専門のレストラン「キッチンチキン」でコックを務めている中年。陽気な声で歌う。店員のメメリがお気に入り。

メメリ (Memry)

「キッチンチキン」で働いている女性店員。ローラスケートを用い、スピーディーにウェイトレス作業をこなす。アルバイト歴は2日と、意外に浅い。バーテンダーに恋焦がれている様子だが、そこまでゾッコンではないようだ。

バーテン

「キッチンチキン」のバーテンダー。

ダビラ (Dabira)

公園に住んでいる男。公園の宅地化に反対し、ビラを配っている。公園には「神のイシ」が宿っていると主張。


ゴーストトリック - Wikipediaより引用)


Comments